【香川を青く】香川のLight It Up Blue (LIUB)を紹介します ー 4/2は世界自閉症啓発デーと発達障害啓発週間

自閉症への理解を広めるライト・イット・アップ・ブルー

毎年、4月2日は国連が定める世界自閉症啓発デーです。
 
また、この日から4月8日までを「発達障害啓発週間」とし、自閉症だけでなく、発達障害のある人やその家族への理解と支援の輪を広げようと
 
全国各市町村で様々な活動が行われるという1週間なのです。

参考 世界自閉症啓発デー公式サイト

世界自閉症啓発デーに合わせて行われる
LIUB(Light It Up Blue)。
 
それは、日本のみならず世界1万カ所以上のランドマークが
「癒し」「希望」の青色で照らされるという
 
とってもワールドワイドなイベントなのです。

香川県各地のライト・イット・アップ・ブルー風景

私の住む香川県でも、賛同くださった自治体や施設が
毎年ライトアップをしてくださっており
 
数年前までは、 ペアレントメンターかがわの活動として、撮影に行っていたのですが。。。
ここ最近は、なかなかそれも叶わず。
 
そこで、検索してもなかなか情報が出てこない
香川のLIUB活動を少しでも知ってもらうため
 
今まで私が撮り溜めてきた写真をご紹介します。

県内各地のLIUB風景をお楽しみいただいて 
自閉症・発達障害のある人やその家族達へ、少しでも思いを馳せて頂けると嬉しいです。

高松シンボルタワー



瀬戸大橋記念館



金丸座



四国学院大学

善通寺市役所


偕行社

寛永通宝

宇多津 海ほたる

守里苑

 
最後の守里苑のライトアップは
当時、私が勤めていた職場の施設長の協力によって
実現しました。

2021年の香川県は

香川県のホームページによると
今年も瀬戸大橋記念館をはじめ、8箇所のライトアップが予定されているようです。

また、県障害福祉課の職員の皆さんが
青色の物を身に付け執務にあたるという初の試みにも挑戦されるそうです。
 

自閉症や発達障害に限らず
社会全体からすると少数(=マイノリティ)となる人たち。

その人たちにやさしい社会
暮らしやすい世の中は

きっと、その他の大多数の人たち(=マジョリティ)にとっても、
暮らしやすい世の中になると思います。
 
 
この4/2を、青く染まるランドマークをきっかけに
その理解と優しい眼差しが広がることを願っています。