【おっ写ん歩】さをり織工房咲く屋 三好照恵さんを訪ねて

こんにちわ、あるいはこんばんわ。
「お父さん、ご飯食べに行くだけやのに、カメラ持って来るんやな!」
と子供に飽きられるくらい無駄にカメラを持って歩く√24です。

この記事は、こんな内容です!

「おっ写ん歩」シリーズは、無駄にカメラを持ち歩く√24の日常をちょっとフォトジェニックにご紹介しよう、という趣旨のシリーズです。
作品集的なものではなくて私の写真をお気軽に見てもらい、参考にしてもらおうという悪巧みも含まれる、時にフィクションも入り混じるノンフィクションです。

PENTAX K-3  f/1.8 ss 1/200 ISO 320

この日は、さをり織工房咲く屋さん店主
三好照恵さんの基へ。

さをり織り工房咲く屋 三好照恵さん

PENTAX K-3  f/2.2 ss 1/40 ISO 320

まず始めに。三好照恵さんとは?

三好照恵さんこと、てるさんのプロフィールです。

てるさん

香川県高松市で生まれ。
三児の母で、長男が広汎性発達障害で知的障害があり、
自身も発達凸凹当事者(2017 2月診断)。

障害者施設勤務時代に出会い、
2015年にさをり織り工房咲く屋を立ち上げ。

福祉の枠を超え、創作を通して様々な価値観、様々な人が認め合って
生きる社会を提案している。

咲く屋アメブロ

本も出版されています!

直接のきっかけはオープニングアクト

PENTAX K-3  f/2.2 ss 1/80 ISO 320

私がてるさんとやりとりする様になったのは
2015年10月のイベントでOPアクトをお願いしたのが
きっかけでした。



さをりとサックス姿がカッコイイ!!

咲く屋は次のステップへ!

PENTAX K-3  f/2.2 ss 1/40 ISO 320

次のステップへの準備中

そんな咲く屋さんは次のステップへ向けて
地域の方々と協力しながら
準備中です。



その中で、
ホームページを作成したい、ということで
ご連絡いただきました。

ありがとうございます!

√24

さをり織は生き物?

PENTAX K-3  f/1.6 ss 1/80 ISO 320

こちらのカメラで撮影しています

切ったら血が出る!?

伺った時は、ちょうど
教室コースが開催中。

PENTAX K-3  f/2.2 ss 1/80 ISO 160

生徒の方やスタッフのヒロさんも一緒に
色々とお話などしながら。

その中で、驚いたお話が。

てるさん

さをり織を切る時に、私たちは「血が出る」って言うんですよ!
血、ですかΣ(・∀・;)?

√24

てるさん

色んな感情とかを込めて織るので。切れるところがないって意味なんですよね。
実際、裁断などせずに洋服なんかも作れるのが、さをり織の特徴なんです。

「生き物」発言に触発されて

PENTAX K-3  f/1.6 ss 1/125 ISO 320

PENTAX K-3  f/1.6 ss 1/80 ISO 320

どうです?生き物っぽい?笑

こちらのカメラで撮影しています

咲く屋と繋がる皆さんのために

PENTAX K-3  f/2.2 ss 1/18 ISO 160

この様に、これから地域に向け
発信しよう、繋がろう

そんな思いを抱いている方に
お声がけいただけるのは

本当にありがたく
また身の引き締まる思いになります。

今も、そしてこれから
咲く屋・てるさんと関わり合う方のためにも

思いこもったページを作りたいと思います!

PENTAX K-3  f/2.2 ss 1/80 ISO 320

===
咲く屋さんのHP作成は
まだ少し先ですが

「√24 designに頼むとどんなHPになるの?」
という方は、こちら↓をどうぞ!

参考 谷川木工芸香川県三木町で讃岐桶樽・すし桶を中心とし・・・

▼駆け出しの私には、皆さんのシェアが大変励みになります!▼