君は「マレビト」の存在を知っているか?瀬戸内サーカスファクトリーのスペシャルトークイベント・レポート

「サーカス」×「マレビト」

フェスティバルSETOラ・ピスト直前スペシャルトークイベント!

平成29年11月23日(木)、四国村全体が巨大なサーカス会場となる!
第3回創作サーカスフェスティバル
SETO LA PISTE「マレビト、来たる。」

「マレビト、来たる。」チラシ

前売りチケットを購入する

このチラシで、やっぱり目につくのがこの単語ですよね。

マレビト
チラシにも解説があります。

解説
マレビト(客人・稀人)とは、民俗学者である折口信夫が提唱した言葉で、
「異郷から来訪する神あるいは霊的な存在」

・・・
(ちょっと見栄を張って)ええ、なんとなくは分かります。
神様的な・・・ですよね・・・?(以下、自粛)

なぜ、サーカスというヨーロッパ発祥のものに
「マレビト」が登場するの?

というわけで、こんなイベントに参加して来ました!

フェスティバルSETOラ・ピスト直前スペシャルトーク!
ベルナール・カンタルx勘緑x田中未知子

トークイベント登壇者

ベルナール・カンタル氏 Bernard Quental


演劇高等学校を出た俳優でもあり、騎馬オペラ「ジンガロ」の黄金時代に名を馳せた、黒人の素晴らしい馬アクロバットとして知られています。世界の最高峰、フランス国立サーカス学校CNACの第一期生でもあり、現在は同校で後進の指導にも当たってらっしゃるそうです。

勘緑氏(木偶舎)


人形座「木偶舎」主宰。79年から33年間在籍した文楽座を2012年に辞職。人形浄瑠璃の普及・発展と新しい可能性を求め、フリーの人形遣いとして他ジャンルの音楽との共演など劇場の枠を超えた様々な演出に取り組まれています。昨年の第2回SETO ラ・ピストにも出演されています。

鈴木こう氏 【通訳】

ご自身も、役者・唄うたいとして舞台に立たれており、フランスでの活動もお持ちです。フランス語に堪能なことから、今回はベルナールさんの通訳として登壇されました。

田中未知子氏

瀬戸内サーカスファクトリー代表。
アーティスティックディレクター。
プロフィールはこちらから

トークイベント内容

トークイベント終了後

そもそも「マレビト」って?

まずは動画を交えて登壇者の紹介がされた後、
「マレビト」についての話が貫禄さんより出ます。

折口信夫的に言うと、あの世とこの世、神と世俗的なものを繋ぐ、
人を超越したような存在。神には近いけど神ではない、という存在である、と。私は、フェスティバルに来られる皆さんが、どんな感覚をお持ちてどんなマレビトを見たいのか?
と言う点が気になりますね。

勘緑さん

「マレビト」。明らかに日本語ですので・・・
気になるのは、フランスには「マレビト」の様な存在はあるのしょうか?
と言う点ですよね。

ベルナールさん

そういう存在は(フランスには)いません。また、(少し前に話が出た)シャーマン的な要素を持ったアーティストもいないと思います。

なんと・・・ただ、ベルナールさんの専門分野である馬と向き合う時には、
不思議な感覚を抱かれている様です。

ベルナールさん

どんな人間でも、馬の前だと荘厳な気持ちになります。そのような力が馬にはあるということです。私が馬を愛しているのには、そういう理由もあるのです。

「そういう馬への感覚がシャーマン的だと思う」という貫禄さんは、
ご自身の体験を結びつけ、次の様に続けます。
「マレビト」的なものを結びつけ、お話しされます。

文楽のお芝居は結構な量(日程)をこなすんですが、その中で時々、人形が自分の意識と関係なく動き出すことがあるんです。それは、師匠が思い描いているのと同じ動きで、そう言う時はまるで、気を失っている様な感覚なんです。人形を使っていると、そんな感覚に陥ることがあります。

勘緑さん

日常と非日常の間で

トークイベント風景

フェスティバルの舞台となる、四国村を、勘緑さんは「まるで宇宙の様な場所」と表現します。
そして、四国村全体を使う今回のサーカスへの思いを次の様に語られました。

そんな(宇宙の様な)場所を、お客さん達が「何か」を見つけようと歩いていくわけですよね。そこで、日常と非日常の間を、パフォーマーが入れ替わり、逆転する。そんな不思議な体験をしてもらいたい、と思っています。
会場のどこを見ても、「マレビト」の存在が見える、そんなパフォーマンスをお見せしたい、と。

勘緑さん

勘緑さんはこの感覚を、超有名なアニメに例えて
表現されていました(笑

確かに、メ○ちゃん達があの不思議な生物に
遭遇するシーンみたいですよね・・・笑

そして、ベルナールさんは誰しもが
マレビトの様な存在になれる、と言います。

ベルナールさん

マレビトは自分たち以外のところからくるのではなく、誰でもそうなりうる、ということは是非とも共有したい、と思っています。

勘緑さんとの関係性についても、こう触れます。

ベルナールさん

僕はこういう風貌なので(笑、そういう(マレビト的な)役割を担うことになるとは思います。
しかしそれは、「僕をマレビトにさせる何か」があるのかも知れませんし、「勘緑さんの人形によって吹き込まれる何か」の力が、私をマレビトにさせることもあるのだろう、と感じています。

田中さんの思い-どうして「マレビト」なのか?-

「マレビト、来たる。」への思いを語る田中さん

そもそも、どうして今回のテーマは「マレビト」なのでしょうか。

瀬戸内サーカスファクトリー代表で
アーティスティックディレクターでもある田中さん。
ご自身が故郷の北海道を離れ、単身、瀬戸内に来た理由と重なるのだそうです。

田中さん

それは、瀬戸内に来た理由の一つのでもあるです。この地には「芸能」というものが日常にあるからで、何か大きなものに感謝する日常がある。だから、今の私たちがここにあるんだということ(を日常で感じられる)。
今回のフェスティバルは、そんな体験ができる場にしたいんです。「大きな何かが、力が私たちに喜びをもたらせてくれる、祭りの原点様な、そんな感じを皆さんに表現してもらいたいんです。

また、以前徳島の赤松神社で見た、お二人の即興

赤松分館さんの投稿 2017年6月6日火曜日

それが、今回のフェスのイメージの原型になった、とのこと。

田中さん

(この即興を見た時)すごく不思議な感じがしたんです。人形が「表」で姿が見える神様で、森から「裏の」ベルナールが出て来た精霊のような・・・勘緑さんと人形、そしてベルナールさんが、まさに表裏一体のような感じがして、不思議な存在として立ち現われてき。そこから出て来たイメージなんです。

過去のフェスを通じで分かったこと

そして、過去2回行われたSETOラ・ピストを通じて、こう振り返ります。

田中さん

フェスティバルとは、皆に喜びをもたらすものなんです。だけど、残念ながら、過去2回のフェスティバルではそれが出来ていなかった、と思うんです。
それは、途中のプロセスが欠けていたからなんです。フェスティバルは、事前のPRをするだけじゃなく、たくさんの人が関わって、集まって、そして帰って。
その繰り返しが大事なんです。フェスティバルはその「繋がり」の最終形が形として見えるだけで、当日だけのものではないんだ、ということ。そのことに、今まで気づけていなかったんです。

その点を踏まえ、今回はをの想いをアーティストにも伝えているそうです。

田中さん

今回は事業規模は小さいけど、今まで出来なかった、繋がりを大事に組み立てることを意識しています。繋がりを続けていくことが出来れば、始まりは地味でもすごく良い広がりを形にできる、という点を大事にしていていきたい。そしてそのことを、アーティスト達にも伝えています。

そして、その田中さんの想いを受けた勘緑さん。

そんな田中イズムを、みっちゃん(田中さん)の想いを伝える人がこれまではいなかった。だから、一人で辛い思いもしたと思う。だから、理解している人は伝えていくようにしないといけない。私は声も大きいので(笑)、そういう役目も担いたい。

勘緑さん

うーん、格好いい!!

当日の動画もチェックください!

トークイベントライブ動画


瀬戸内サーカスファクトリーのFBページに
当日のライブ動画がアップされています。

ここでは書き切れなかった、観覧者とのやりとりもご覧いただけます。

また、フェス当日にパフォーマーとして出演される

DanceBonBonカタタチサトさん

カタタチサトさん

とっしゃんさん〔とっしゃんのおもロジカル

とっしゃんさん

の「マレビト」への思いもお聞きいただけます!

ロケハン動画も公開されていますよ!

瀬戸内サーカスファクトリーYoutubeページより

第3回SETO ラ・ピスト 「マレビト、来たる。」イベント概要

開催日時・タイムスケジュール

チラシ表面

チラシ裏面

【日付】2017年11月23日(木・祝日)
【時間】11時〜16時30分

タイムスケジュールについて
当日は11時開場の後、16時のフィナーレまで、四国村各所で様々なパフォーマンスが行われています。なお、メイン公演「マレビト、来たる。」は14時からです。
タイムスケジュールの詳細はチラシ裏面をご覧ください。

【場所】四国民家博物館〔四国村〕
香川県高松市屋島中町91

前売りチケットを購入する

料金について

入村料を考えるとお得な料金設定
    • 大人:2,500円(前売り:2,300円)
    • 高校生:600円
    • 小中学生:400円
    • 未就学児:無料

※大人料金には、入村料1,000円が含まれます。高校生以下は、入村料のみでご覧いただけます!

お得なファミリー割引も!
大人2人につき、お子様(小・中学生)が1人、無料でご入場いただけますよ!

チケットはどこでどうやって買える?

PC・スマホ サイトから

BASEの瀬戸内サーカスファクトリーサイトから購入できます。


瀬戸内サーカスファクトリーへ直接申し込む

setouchicircusfactory@yahoo.co.jp
 

080-2977-5469
※お名前(代表者の方)、枚数と連絡先(できれば携帯電話番号)をお伝えください。

店頭にて

お得情報!前売り価格で当日精算が可能だそうです
瀬戸内サーカスファクトリーに直接ご連絡いただいた方は、当日精算にて前売り価格での入場が可能だそうです!

ことでんとのコラボイベントも!

当日のことでん屋島駅 10:41到着の便より、ことでんご利用の方に整理券が先着50組に配布されます。
その整理券を受付で渡すと、ことでんオリジナルステッカーと交換してくださるそうです!

ことでんで創作サーカスフェスティバル「SETOラ・ピスト」を見に四国村へ行こう!より

ことでん屋島駅から、会場までは2Kmほど、と散歩するのにぴったりの距離。
秋の風を受けながら、屋島路の雰囲気を肌で感じられてはいかがでしょう?

▼最後までお読み頂きありがとうございます!皆さんのシェアが大変励みになります!▼