あなたのビジョン、しっかり伝えられますか?PREP法とビジョンを語るための3つのSTEP

この記事は、こんな内容です!

「説得力のある話し方のコツと周りを巻き込むビジョンの作り方」
 講師:コーチングの山本武史さん。

タイトルだけでも、ワクワクしますよね。

これは、先日開催された、香川県中小企業家同友会、宮川譲さんのグループ会のタイトルなのです。

宮川さん

メンバーの人もすごい良いし、きっと西川さんの役に立つと思いますよ!
グループ長自らのお誘い。

またとない機会なので、ゲストとして参加させていただ・・・という訳なのです。

グループ長の宮川さんは、私が前職を退職した当初から色々と相談に乗って頂いている方で、私のことを気にかけてくださり、色々と誘って頂いているんです!

√24

山本さんのファシリっぷりがスゴカッタ!

当日の流れ


この日の参加者(受講者)は6人。
まずはそれぞれ自己紹介。

話し方やビジョンについての悩みを簡単に発表するところから始まります。

私以外は、同友会メンバーで既知の間柄。
とはいえ、山本さんは皆さんの悩みをこんな風に聞くのは初めて(のハズ)

事前につかんでいない情報で、
2時間でこの場を収拾することができるのか!?

・・・杞憂でした。

6人それぞれの発表に対し、
6人それぞれが納得する意見を挟みながら、

その場の全員が「あー、なるほどー!」という感想と納得感を抱く。

そして・・・
見事に、予定通りに会が終了したという・・・!

いくら内容が良くても・・・

時は金なり。

参加者は皆、個人事業主。
それぞれの時間を削って参加しています。

素晴らしい内容でも、やはり時間がかかり過ぎては、
その魅力も半減しますよね。

そこを初めての情報の中で、
きっちり時間通りに終わらせる。

この山本さんのスキルの高さたるや・・・!

雰囲気作りも大事


山本さんは、基本、柔らかい物腰で。

「的確に発表するのが苦手」から始まっている会ですし(笑
参加者に発言を促すのは、容易ではないでしょう。

それでも、皆が過度に緊張することなく、
それぞれの意見を発表できていたのは・・・

「どうぞ、発表されていいんですよ!間違いは無いんですよ」
というメッセージを山本さんが自らの雰囲気で、醸し出していたからだと思います。

当日学んだ内容の要点

まずは基本、「プレゼン」=【Presentation】とは?

人前で発表する・・・真っ先に思いつく言葉が「プレゼン」、
つまり「Presentation」ですよね。

プレゼンの語源は「Present」、プレゼント。つまり、「贈り物」。

プレゼントいうと、「自分の意見・想いを伝える」ことだと
ついつい思いがちですが、

プレゼント=相手への贈り物。

聞いた相手に「分かる」喜び、「理解する」喜びを
受け取ってもらう。

それこそが「プレゼン」の本意!!

では、どうやってその「贈り物」を届けるのか?

効果的なプレゼンに必要
  • 「論理」で理知的に伝える部分
  • 「感情」に訴える部分

この2つの両輪をもって、かつ、

届けたい相手によってその割合を変える。

それこそがプレゼンの極意!なのだそうです。

【話がまとまらない!】PREP法で論点整理

では、次。
そのプレゼンをどうやって伝わりやすいものにするのか!?

ここで山本さんから示されたのが、「PREP(プレップ)法」です。

PREP法
  • P=Point :要点。最初に要点、結論を伝える。
  • R=Reason:理由。結論に至った理由を説明します。
  • E=Example:具体例。結論に至った理由を、「具体的な実例」を用いて説明します。
  • P=Point:要点。最後にもう一度、結論。理由や具体例を踏まえて、再び要点としてまとめます。

特に注意したいのはE=Example

ここは、具体的であればあるほど良く、
身近な問題、相手が実感しやすい問題
が良いそうです。

そして、出来るだけ簡潔に!がポイント。

【さぁ、皆でビジョンの話をしよう】ビジョンを語るための3STEP

さぁ、ここまで来たら、いよいよ自分のビジョンを伝えよう!
ということになるのですが・・・

ビジョン。ちょっと話が大きなぁ、って感じる人も多いと思うんです。

ここで、(またもや!)山本さんから示されたのが、次のビジョンを語るための3STEP!!

ビジョンを語るための3STEP
  1. 課題:社会的な課題でも良いし、身近な人の悩みや助けたい人でも良いそうです。
  2. 解決策:その課題に対して自分の仕事がどの様な解決方法を提示できるか?
  3. 未来像:課題が解決した先に、どんな未来(世の中)が待っているのか?

この3STEPを踏まえることによって、
自分のビジョンが相手に伝わりやすい、分かりやすいものになる!ということです。

と知った風に書いている私ですが、
私自身、この「ビジョン」が現在、見つからなくて。

ただ、この日思ったのがこの「課題」を、身近な人や問題で
思いつくだけ出してみよう、と。

いくつも出る、身近な(ある意味小さな)課題から、
共通点、繋がる部分を見出し、
大きな「ビジョン」に昇華したら良いのでは・・・!

と、山本さんのアドバイスを聞きながら
思ったわけです。

あ、はい、「思った」だけでなく、やります、必ず!(笑

まとめ

ビジョンや思いはあるけれど、うまく伝えられないんだァァ!

というのは多くの方に共通することですよね。
(その逆も然り、ですが。。。)

山本さんはこの悩みを解消する回答の一つに、
「訓練」(=場数をこなす)こと
を挙げられました。

それに加え、「まとまらない」「表現できない」
理由というのも、人それぞれ微妙に違います。

ここに書かれてある、PREP法やビジョンを語る3STEPを試してみた!だけどやっぱりうまくいかないよ・・・!

という方は、是非是非、山本さんにご相談するのが良いと思います。

柔らかく、的確に
あなたを理想のゴールに導いてくれると思いますよ・・・!

山本さんへのご相談はこちらから

この日の会場について

ちなみに、この日の会場となった場所はこちら。

  • タリーズコーヒー 高松サンシャイン通り店
    TEL:087-864-3410

広い個室となっており、かなりの人数でも入れます。
1時間1,000円で貸切が可能だそうで、
モニターも使用可能。勉強会やワークショップの使用にもってこいです。

場所をお探しの方、候補の一つとして押さえられてはいかがでしょうか。